日本酒セミナーPart5 第二回

蔵人から識る日本酒の世界~Part5 第二回


第二回目は生酒と火入れ酒の味わいを比較する

日本酒セミナー ~蔵人から識る日本酒の世界~Part5 第二回

田治米合名会社 代表取締役 田治米 博貴 氏




通常日本酒はその酒質の安定のため「火入れ」と呼ばれる作業を行います。
これは醪から搾られた酒にはまだ酵素の働きが残っており、「火落ち菌」などによる腐造を防ぐために施される事をいい、この火入れを二回行われるものと一度だけ行うお酒があります。

一方、火入れをせずに出荷されるお酒があり、これを「生酒」と言います。
「生酒」はお酒の中にまだ活性状態にある酵素などの影響により酒質の変化をおこすリスクがあるのですが温度や流通の管理をきっちり行うことにより酒蔵でしか味わえないお酒の風味を楽しむことができます。

今回のセミナーでは田治米合名会社の田治米社長より、〝竹泉〟の「火入れ酒」と「生酒」それぞれの魅力を皆様に識っていただきます。


神戸吉兆 BB店 日本酒セミナー Part5 第二回

酒肴は神戸吉兆 平野誠人が今回も担当致します。
どうぞお楽しみに。





日時:2018年6月8日(金) 午後6時00分受付 午後6時30分開始
場所:シマブンビルBBプラザ 神戸吉兆(神戸市灘区岩屋中町4丁目2-7)
会費:5,400円(税込)
定員:16名様

神戸吉兆「日本酒セミナー」協力:有限会社すずらん吉田商店、田治米合名会社、シマブンコーポレーション


ご注意
お申し込みいただきましたこちらのセミナーは当日のキャンセルはお受けできません。
尚、やむをえず欠席の場合は6月6日(水)までに下記電話番号までご連絡お願いいたします。


ご予約・お問い合わせ

神戸吉兆 BBプラザ店「日本酒セミナー」 〒657-0845 神戸市灘区岩屋中町4丁目2-7 BBプラザ3階
TEL/FAX:078-805-6008