ご挨拶

当社は、吉兆創業者 湯木貞一が吉兆初のホテルテナント店として出店いたしましたリーガロイヤルホテル店が始まりでございます。
当初は、すきやきの店として始まりました。

茶懐石に基本を置き、季節の素材を吟味し、器を選び、また盛り付けに心を尽くしまして、皆様の目に問い、舌に喜びを味わっていただける料理をと考え、料理一筋に研鑽を重ねてまいりました。


開業以来、会席料理はもとより、松花堂弁当、季節の点心といった軽いお食事、
季節の一品料理、すきやき・しゃぶしゃぶといった鍋料理など数多くのお料理を提供し、幅広く皆様からご贔屓をいただいております。

現在、リーガロイヤルホテル店、神戸店、BBプラザ店と3店舗で営業展開し、
各店舗とも椅子席又は椅子席個室・掘りごたつ個室でございますので、
お気軽にお越しいただける店となっております。


私どもは、日本人が忘れがちな、移ろいゆく日本の美しい季節の彩りを一椀一鉢に暫しとどめて、日本の、日本文化のよさを料理を通じて伝えていきたい、
そして、湯木貞一が大切にしていた「茶の湯の心」を忘れず、
「世界の名物 日本料理」をモットーに、全店舗一丸となって世界に向けても日本料理のよさを伝えていきたいと考えております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


     株式会社 神戸吉兆
     代表取締役社長 湯木 喜和